鉱物の世界へようこそ!

Welcome to The World of Minerals

ダイヤモンドについて

ダイヤモンドについて

ダイヤモンドについて

ダイヤモンドについて ダイヤモンドには、大きく分けて自然によって生成された「天然ダイヤモンド」と、文字通り人の手によってつくられた「人工ダイヤモンド」の2種類があります。ここではそのダイヤモンドについて、詳しく見ていきたいと思います。 
ダイヤモンドについて

ダイヤモンドの語源

ダイヤモンドの語源は? ダイヤモンドの語源は諸説ありますが、その中で最も有力なのがギリシア語のadamasまたはadamazein(アダマス)が語源になっているという説です。 アダマスという言葉はギリシア語で、征服できない・何よりも強い=無敵という意味で使われ...[続きを読む]
ダイヤモンドについて

ダイヤモンドの歴史

ダイヤモンドの歴史 ダイヤモンドは途方もない時間をかけて生成されました。そのため、その歴史も長く、現在見つかっているダイヤモンドの中で最古のものは約45億年前に生成されたものです。約45億年前の時代は冥王代と呼ばれており、この冥王代の時代に地殻と海が形成され、...[続きを読む]
ダイヤモンドについて

現在のダイヤモンド市場とその悲しい現実

現在のダイヤモンド市場とその悲しい現実 ダイヤモンドの装飾石としての価値が上がるにつれて、ダイヤモンド産地の開拓が進んでいきました。当初ダイヤモンドはインドでしか採掘できないとされていました。しかし、18世紀にブラジルでもダイヤモンドが採掘されると、世界各地で...[続きを読む]
ダイヤモンドについて

ダイヤモンドにまつわる逸話

ダイヤモンドにまつわる逸話 人々の心を魅了するダイヤモンドには沢山の逸話があります。今回は2つの有名な逸話を紹介したいと思います。 1つ目は、”呪い”のブルーダイヤモンドとして有名な「ホープダイヤモンド」のお話です。 ホープダイヤモンドについて、様々な憶測や伝...[続きを読む]
ダイヤモンドについて

ダイヤモンドの評価基準

ダイヤモンドの評価基準 ダイヤモンドは装飾品としての用途がほとんどになります。なので、必然的に美しく希少なダイヤモンドの方が市場価値は上がっていきます。ダイヤモンドは長い年月をかけて生成されているので、人間のように同じダイヤモンドでも一粒一粒個性があります。個...[続きを読む]
ダイヤモンドについて

ダイヤモンドのカラットについて

ダイヤモンドのカラットについて 多くの方はカラットが大きさを表す指標だとお考えでしょう。しかし、これは間違いです。カラットは重さを表す指標です。つまり、史上最大カラットのダイヤモンドを言い換えると史上最重量ダイヤモンドとなるわけです。ちなみに、1カラットは0....[続きを読む]
ダイヤモンドについて

ダイヤモンドのカラー

ダイヤモンドのカラー このカラーという指標はダイヤモンドがどれだけ無色に近いかを表す指標です。D~Zまでの全23段階もの評価があります。無色であればあるほどDに近づき、黄色みが強ければ強いほどZに近づきます。各評価の中でも色味の違いで5つのグレードに分けられま...[続きを読む]
ダイヤモンドについて

ダイヤモンドのクラリティ

ダイヤモンドのクラリティ 3つめのCはクラリティ(Clarity)です。クラリティとはダイヤモンドの透明度を表すときに使います。ダイヤモンドは地中奥深くの高温高圧下で何億年もの時間をかけて生成されることは何度もお話ししてきました。その生成の過程で、多くのダイヤ...[続きを読む]
ダイヤモンドについて

ダイヤモンドのカット方法

ダイヤモンドのカット方法 4C最後のCはカット(Cut)です。このカットがダイヤモンドの4Cの中で最も重要かつ複雑で、分析も大変です。 ダイヤモンドにおけるカットは、ハートや楕円形、ラウンドなどの形(シェイブ)ではなく光との相互作用を指します。 この相互作用を...[続きを読む]